Top news

映画 60 年代

カテゴリー: 映画音楽, 未分類 タグ: 1960年代, 映画音楽, 有名曲 パーマリンク 投稿ナビゲーション ← 映画音楽の有名曲ベスト(1950年代). 本映画祭では「自由と抵抗」をテーマにし「黄金の60年代」と呼ばれたチェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグの作品群を紹介します。 政府に批判的な作品と判断されてニェメツ監督が逮捕され国内での上映が禁止された『パーティーと招待客』と、日本初公開となる『愛の殉教者たち』。. 60年代から70年代にかけて、アメリカ社会はどのような変化があり、それがどのように映画に投影されているのだろうか。 この時代を中心に取り上げ、ハリウッド映画と社会の関わりについて考察していく。. See full list on runimaru. アメリカン・ニューシネマの傑作。 精神病院を舞台に、非人道的で抑圧的な管理をする病院側に患者たちが氾濫を起こす。 映画史上に残るバッドエンド映画。ジャック・ニコルソンのクライマックスの演技は壮絶です.

ミュージカル映画史8〜60年代のミュージカル映画〜 60年代ミュージカル初期の重要な作品といったら「ウエストサイド物語」あたりの作品が挙げられる。ここら辺の時代のミュージカルの特徴は、スクリーンが大型化し、ブロードウェイ作品の映画化が製作の基本となり、大作ミュージカルと. See full list on hitorieiga. Week2 映画分析①(60・70年代) Week3 映画分析②(80年代) Week4 映画分析③(90年代) Week5 映画分析④(00年代) Week6 まとめ *link* 3年ゼミ:めざせ100本 3年ゼミ:めざせ100本2. 日本のアニメ映画作品一覧 (1960年代)では、日本で制作されたアニメ映画の1960年から1969年にかけて公開された一覧を年代順に記載。 記載の凡例については日本のアニメ映画作品一覧凡例を参照.

監督 溝口健二 主演 田中絹代 三船敏郎 日本公開 新東宝 1952年 井原西鶴の「好色一代女」が原作で、巨匠溝口健二監督、主演はすでに大スターであった田中絹代が江戸時代の遊郭などの落ちてたくましく生きた女を描いた。御所にもあがった良家の娘お春は美しかった。若侍の勝之助(三船敏郎)がお春を口説いて通じたため不義密通とされ、死罪にまたお春は京都追放になった。その後お春は大名の側室、遊女、商家、結婚、駆け落ち、街娼と転落してゆく。 女の周りで浮いては消える滑稽に見える男どもとの人間喜劇でありました。男たちに翻弄された女の悲劇を田中絹代が一世一代の名演技を見せたといわれています。 ちょうど日本の主権がサンフランシスコ講和条約発効で回復した年でした。. 世界最大の超高層ビルで火災が発生。果たして人々は生きて生還できるのか? スティーブ・マックイーン、ポール・ニューマン二大スターが共演したパニック映画の最高傑作の1つ。 70年代の映画ですが、今観ても見ごたえあり。多数のキャラクターの豊かな個性と混じり合う人間関係は観ていて飽きさせません。 ウィリアム・ホールデン、フレッド・アステア、フェイ・ダナウェイ等、とにかくキャストが超豪華! ポール・ニューマン関連作>>『ハスラー2』/ポール・ニューマン主演。『ハスラー』から25年後、勝負師は再び勝負の世界へ。. Featuring フェイ・ダナウェイ 始まって30分、突然現れるファッショナブルなフェイ・ダナウェイに圧倒されてしまいます。主人公トーマス・クラウンを演じるスティーヴ・マックイーンとチェスをするシーンでのドレスはもちろん、帽子やスカーフなど小物の使い方も抜群。ストーリーまでお洒落です。. Featuring ドロシー・マクゴヴァン VOGUE誌などで活躍したファッション・フォトグラファー、ウィリアム・クラインによるこの作品はファッション業界を痛烈に批判しつつ、どこを切り取っても完全にクール。主人公ポリー・マグーを演じるドロシー・マクゴヴァンがベビーフェイスでかわいい。. 監督 小津安二郎 主演 笠智衆 原節子 日本公開 松竹 1953年 今なお、小津安二郎監督の東京物語は世代を超えて人気がある。 尾道から子供たち3人のいる大都会東京に出てきた老夫婦の周吉(笠智衆)ととみ(東山千栄子)でした。長男(山村聡)は開業医、長女(杉村春子)は下町で美容院を営み、戦死した次男の妻紀子がいる。子供たちにはそれぞれの生活で忙しく、居場所がない老夫婦でした。ただ暖かくしてくれたのは血のつながりのない紀子でした。東京で疲れて尾道に帰る途中、とみが倒れてやがて息を引き取ったのでした。尾道に皆が集まりましたが、葬儀が終わっても周吉の世話をしてくれたのが紀子でした。「あんたはいい人じゃ」と周吉がいい、周吉から妻の形見だといって時計を渡されて、紀子は号泣する。紀子はやがて紀子は新しい人生を決めたかのように尾道から東京に戻る。周吉は一人残って尾道の海を静かに眺めていた。 ちょうど朝鮮戦争が休戦となったころでした。なんの変哲もない日常の下町を描いた「小津調」と今でも慕われる名画でした。. 米国(60年代) 陽気な男が美しい妻を娶るが、戦友会で声を掛けられたことから人生の階段を転落してし 共有:. 『ファーストラヴ』場面写真が一挙に公開. 監督 木下恵介 主演 高峰 秀子 日本公開 松竹 1954年 坪井栄の小説「二十四(にじゅうし)の瞳」が原作です。監督が木下恵介で主演の小豆島にある小さな分教場の大石先生を高峰秀子が演じました。時代は日本で不況がつづき、やがて満州事変、日中戦争へとまっさかさまに破局に向っていくような時代でした。島の若者も次々と出征して戦死、大石先生は軍人になりたいという教え子を「命を大切に」と諭しました。「アカ」との噂が立ちました。 やがて先生は若い遊覧船の機関士と結婚して3人の子供に恵まれました。しかし夫は召集されて戦死。そして敗戦、食糧難で娘も柿の木から落ちて死亡、先生も変転を重ねていきました。 やがて教壇に戻った先生は、かっての子供たちがまた戻ってきたように感じ、永遠のつながりを営んでいるように子供たちの24の瞳が見上げているのでした。 日本が戦争に突入し、これに呑み込まれていった女教師と子どもたち、その苦難と悲劇から戦争の悲惨さと悲劇を描きました。この映画を見たたくさんの人は涙を止められなかったのです.

Featuring アンナ・カリーナ アンナ・カリーナ作品の中で最も60年代らしいファッションの作品。丸メガネにゆるくまとめたヘアースタイルが似合いすぎです。相手役のジャン=クロード・ブリアリとお洒落番長セルジュ・ゲンズブールも安定のナイス・ファッション。ゲンズブールが担当するサウンド・トラックも最高で、ちょっとだけ登場するマリアンヌ・フェイスフルは超キュート!一度は観たいお洒落映画。. Featuring デルフィーヌ・セイリグ フランソワ・トリュフォー監督によるアントワーヌ・ドワネルシリーズの第3作目に当たるこの作品の何がお洒落ってずばり、靴屋の妻役で登場する美人女優、デルフィーヌ・セイリグです。彼女の着こなすエレガントでキュートなフレンチマダム・ファッションに酔いしれて下さい。. Featuring カトリーヌ・スパーク 登場するたび変わるザ・60’sなファションに身を包んだカトリーヌ・スパークがめちゃくちゃかわいいだけでなく、ストーリーまでとてつもなくチャーミングなお色気コメディ。秘密部屋のインテリアもいいですし、何より主人公ミミのドライで無邪気なキャラクターが素敵です。. そこで今回は、50年代~70年代を中心に、フランス映画のオススメ作品についてランキング形式でまとめていきました! 目次 1 フランス映画のおすすめ人気ランキング8位. 1960年代の映画とは? 1. 実際に起きた事件を元にした作品。 父親を殺した少年と逃避行を繰り広げる少女の姿を描いたロードムービー。 シシー・スペイセクの不思議な存在感が際立ちます。 参考>>【名作ロードムービー】おすすめのロードムービー 人生を変える旅に出たくなる映画。.

ホテルのポーターとして働く男には”秘密”がありました. 以上、僕的にアメリカン・グラフィティをまとめてまいりました。 60年代のアメリカ、たまらないですね。青春映画と言ってもそこはさすがアメリカ。しっかりと日本の大人をはるかに超えてくるおませっぷり。学校でダンスパーティ、アメ車でデート、カーレース。日本ではありえないことだらけなんですが、憧れてしまいます。是非皆さんも観てみてください! また気が向いたら映画レビューします!. BBが60年代に出演した映画のなかで、最も「60&39;s的」な映画がこれだと思います。ピエール・カルダンを着てさっそうとロンドンへやってきたファッション・モデルの セシル。夫ある身でありながら一人の青年と出会い激しい恋に。. Featuring カトリーヌ・ドヌーヴ 色彩豊かな映像美もさることながら、主人公ジュヌヴィエーヴを演じるカトリーヌ・ドヌーヴの清楚で上品なファッションに目を見張ります。傘屋の店内やジュヌヴィエーヴの部屋もカラフルでキュート。マタニティ用に仕立てるワンピースの可愛らしいこと!マダムになってからのエレガントなドヌーヴも素敵です。. 監督 稲垣浩 脚本 伊丹万作 主演 三船敏郎 高峰秀子 日本公開 大映 リメイク版1957年 1958年 ベネチア映画祭グランプリ この映画は、かって戦時中1943年に一度稲垣監督で映画になっていて、公開がちょうど学徒出陣のころで、戦局は負けの様相で、生活も窮乏を極めたころでした。 舞台は九州の小倉、独身の人力車夫松五郎(坂東妻三郎、リメイクでは三船敏郎)は飲む打つ買うの無軌道な男で曲がったことは大嫌いでした。 ある日堀に落ちてけがをした少年・敏雄(長門裕之)を助ける。敏雄の父親は陸軍吉岡大尉(永田靖)で、その性格を気に入られた松五郎はその家に出入りするようになりました。しかし大尉はやがて急病でなくなり、後には良子夫人(園井恵子、リメイクで高峰秀子)と一人息子敏雄が残される。婦人は息子を強い男にしてほしいと松五郎に期待したのです。松五郎もやる気で張り切り、やがて夫人への思いが募りだしたのです。 敏雄はやがて剛毅に育つが松五郎が「ぼんぼん」と呼ぶのを嫌って離れだすのでした。祭りの祇園太鼓を情熱をこめて叩く松五郎は恋慕の表情だったが、暗い時代は恋慕の画面を検閲でカットしました。やがて衰えて死んでいった松五郎、その貧弱な遺品の中から、夫人と敏雄のために預金を貯めていた通帳を見つけ、夫人は松五郎の真情をこのときに気づき泣き崩れるのでした。 稲垣監督のリメーク版はカラーで、もっとも有名なものでした。また「無法松の一生」は舞台演劇や歌謡としてもたくさん上演されてきました。.

/11/28 - Pinterest で Yuko Okunishi さんのボード「ロマンポルノ」を見てみましょう。。「映画 ポスター, 日本映画, レトロポスター」のアイデアをもっと見てみましょう。. Featuring ロッサナ・ポデスタ 主演のロッサナ・ポデスタのファッションはもちろん、ストーリーから小道具、音楽に至るまで映画まるごとぜーんぶお洒落。オープニングでいきなりあら聴き覚えのあるお洒落サウンド!そうです、アルマンド・トロヴァヨーリによるこの映画のサウンド・トラックこそ、渋谷系の代名詞、フリッパーズ・ギター「恋とマシンガン」の元ネタです。ロッサナの黒縁メガネに憧れて似たようなのを買ってみてもなかなか似合わないものですがね. 監督 本多猪四郎 特技監督 円谷英二 主演 志村喬 宝田明 河内桃子 平田明彦 日本公開 東宝 1954年 主演はゴジラでした。この年の3月にはアメリカによるビキニ環礁水爆実験があり、マグロ漁船第5福竜丸が死の灰をかぶって帰ってきた。日本で初めてのSF超大作映画ゴジラはこうした戦後10年の冷戦核競争時代の申し子でありました。小笠原諸島のある太平洋の底深くに潜んでいた伝説の太古の巨大生物が核実験のために怒り暴れだしたのでした。それが突然に東京湾から上陸してきたのです。 熱線を吐き高圧電流の防御や防衛隊の戦車をものともせずに、東京の街を焼き尽くしながら、銀座、新橋、田町、芝から国会議事堂も破壊し、襲いかかるジェット戦闘機も払いのけたのです。ついこの間の米軍の東京大空襲で日本といっしょに落ち込んでいた若い科学者(志村喬)は考えていた新恐怖兵器を使うべきか迷いましたが、ついにゴジラが潜む海底に兵器を持って潜っていきました。もし今後水爆実験を続けたら、またゴジラのような巨大生物が現れてくるぞというメッセージを残したのでした。 この映画はハリウッドで買い取られてリメイクされ、1956年に『Godzilla, King of the Monsters!

1940年代から全米で100以上もの映画館を経営し、メジャー・スタジオの配給で数多くのb級映画を製作した商売人ロバート・l・リッパート。 サミュエル・フラー監督を育てたことでも知られる彼だが、60年代に入ると人件費の高いハリウッドを去ってイタリア. . See full list on sukinamonotachi. . 。なにげに教授もお洒落。. 西川貴教、『天外者』は”運命的”な作品「映画のなかで生き続ける春馬を、多くの方に観てほしい」 北川景子と中村倫也が父親殺しの真相を追う.

Featuring 映画 60 年代 ジェーン・バーキン ジェーン・バーキンのスタイルの良さを生かしたシンプルなファッションも然ることながら、セルジュ・ゲンズブールのスタジオやふたりの住む家のインテリアが60年代後半らしくスペーシーでかわいいです。ふたりで出かけるシーンでは色合いを合わせたリンクコーデで登場するのも良いですね。セルジュの妻役で登場するアンドレア・パリシーは、バーキンとは対照的にマダムらしいエレガント・ファッションが素敵。なかなかおもしろい映画です。. 。 参考>>【バッドエンド】『信じられないほど絶望的な結末を迎える映画』. こんばんは。 今回は映画でよく見られる60年代の服装について現時点での報告です。 それではスタート! メンズファッション ️ライン入りブルゾン ️チルデンニット 映画 60 年代 ️ライン入りカーディガン 60年代前半はきちんとしたパンツが多い。. 「ドクター・ノオ(007は殺しの番号)」「ロシアより愛をこめて(007 危機一発)」など007シリーズの大ヒットで、1960年代はスパイ映画ブームでした。エキゾチックな国際都市で、美女とスパイの大活劇というパターンです。そんな時代に作られたスパイ映画のひとつです。 1966年(昭和41年.

1950年代日本映画は世界各地の映画祭で様々な賞を受賞し、世界に日本映画の素晴らしさを広めた。 黒澤明、溝口謙二、衣笠貞之助、稲垣浩、今井正が次々と海外の賞をとった1950年代後半、日本の映画人口は11億2700万に達しそのピークを迎えた。. 60年代の今村昌平監督作品には『 豚と軍艦 』、『 にっぽん昆虫記 』、『 「エロ事師たち」より 人類学入門 』、『 人間蒸発 』と秀作目白押しですが、今日の気分(笑)で『赤い殺意』を選びました。. マフィアのドン、コルレオーネ一族の栄枯盛衰を描いた一大叙事詩。 20世紀を代表する名画の1つで、下記のランキングで堂々の1位。 映画 60 年代 参考>>【おすすめ映画】『史上最高の映画100本』絶対面白い!古今東西の名作映画たち(イギリスエンパイア誌選出) マーロン・ブランドの圧倒的な存在感はまさにマフィアのドンにふさわしい。苦悩する後継者マイケルが徐々に”ドン”へと成長していく、その変化もみどころ。マイケルを演じたアル・パチーノの代表作。. オードリー・ヘップバーンやアラン・ドロンといった大スター達が銀幕を飾った60年代。色あせることのない名作達に、今こそ触れてみてはいかがですか? Moeka Kotaki. 1960年代、団塊世代の若者層を狙って、青春映画が盛んに上映された。映画各社は、それぞれに青春女優をそろえて人気を. Featuring ステファーヌ・オードラン フランス映画的な倦怠感を漂わせた詩的で非常に洒落た映画。登場シーンがオールブラック、ラストシーンがオールホワイトでキメた、ステファーヌ・オードランさんが憎らしいほどお洒落でカッコイイ!金と暇を持て余したブルジョワ女を演じるステファーヌさんに翻弄される美女役のジャクリーヌ・ササールさんも衝撃の美しさです。. 世界のクロサワやミフネが銀幕で活躍を始めて、日本映画界も自信ができたのか、つぎつぎと邦画の名作をヒットさせていきました。とくにこのころは日本映画史上でも数多くの名作とよばれた作品を生んでいきました。 それでは1950年代の名作といわれる邦画10作品をご覧ください。 ※なお記載の年は日本での放映開始年です。 昭和1960年代の名作邦画については次の記事に詳しく書いてあります。 >>>昭和の名作邦画Ⅱ 1960年代懐かしすぎっ!. 年代順10本=『 アパートの鍵貸します 』(60年/ビリー・ワイルダー監督)、『 サイコ 』(60年/アルフレッド・ヒッチコック監督)、『 ウエスト・サイド物語 』(61年/ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンズ監督)、『 奇跡の人 』(62年/アーサー・ペン監督)、『 大脱走 』(63年/ジョン・スタージェス監督)、『 サウンド・オブ・ミュージック 』(65年/ロバート・ワイズ監督)、『 俺たちに明日はない 』(67年/アーサー・ペン監督)、『 年宇宙の旅 』(68年/スタンリー・キューブリック監督)、『 真夜中のカーボーイ 』(69年/ジョン・シュレシンジャー監督)、『.

。今の報道を見ているとそんな気もしてしまいますね。. 「60年代アメリカ映画」と聞いて、 映画 60 年代 人々の記憶に何が呼び起こされるのだろうか。 時代の幕開けとともにアメリカは、若き大統領J. 突然の大雪に閉ざされた空港を舞台したパニック映画で、パニック映画の元祖とも言われる作品。 複数のキャラクターが登場し、それぞれのエピソードが交錯する作りになっています。 バート・ランカスター、ジーン・セバーグ、ディーン・マーティンら当時のスターたちの豪華な共演が見どころ。. 年代順10本=『 アパートの鍵貸します 』(60年/ビリー・ワイルダー監督)、『 サイコ 』(60年/アルフレッド・ヒッチコック監督)、『 ウエスト・サイド物語 』(61年/ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンズ監督)、『 奇跡の人 』(62年/アーサー・ペン監督)、『 大脱走 』(63年/ジョン・スタージェス監督)、『 サウンド・オブ・ミュージック 』(65年/ロバート・ワイズ監督)、『 俺たちに明日はない 』(67年/アーサー・ペン監督)、『 年宇宙の旅 』(68年/スタンリー・キューブリック監督)、『 真夜中のカーボーイ 』(69年/ジョン・シュレシンジャー監督)、『 明日に向かって撃て!. 映画 60 年代 Featuring オードリー・ヘプバーン 初っ端から全身白のワントーンコーデでキメるヘプバーンのおしゃれっぷりに度肝を抜かれます。衣装はすべてジバンシイ。彼女が乗ってる小さな赤いオープンカーもまた素敵。こちらはイタリアのアウトビアンキというメーカーのEden Roc(1965製)というクルマです。探偵シモンを演じるピーター・オトゥールも超カッコいい!まさにおしゃれ泥棒!. 監督 黒澤明 主演 三船敏郎 京マチ子 日本公開 大映 1950年 1951年のベネチア映画祭に出品されていた黒澤明監督の「羅生門」がグランプリを取った。いきなり世界の目が日本の映画に向き、黒澤明や三船敏郎が脚光を浴びた。 作品は芥川竜之介の短編小説であった「藪の中」が原作で、脚本は伊丹万作の弟子橋本忍が黒澤と手がけた。 舞台は打ち続く戦乱と疫病、天災で荒れ果てた平安京の羅生門、旅の武士(森雅之)は妻(京まち子)を連れて森の中で盗賊多襄丸(三船敏郎)とはち合わせる。その妻の美しさに魅せられた多襄丸は武士を襲って縛り上げた。やがて武士の死体が発見され、検非違使は全員を捕まえて取り調べる。目撃者なども証言したがみんな、武士の死については自分に都合のよい嘘を言い張った。この盗賊多襄丸と武士そしてその妻の3人ともが嘘をついていて、あまりにも浅はかなものだったのです。 この映画が上映された年には朝鮮動乱があった。戦後まだ5年目であった当時の世の中も「藪の中」であった。.

See full list on showa-love. 先日、アメリカホラーの歴史50年代以前を紹介しましたが、続いては60年代の映画史をクローズアップしましょう。★アメリカホラー映画史~サスペンスの神様&ゾンビの誕生~ 60年代はなんといっても、アルフレッド・ヒッチコックの活躍である。もともとイギリスで監督として活躍したのだ. 架空のテレビ局を舞台に、視聴率競争に踊らされる業界人たちを風刺した社会派映画。 『12人の怒れる男』のシドニー・ルメット監督作品。 視聴率を追い求めて過激化していく報道が描かれます。まさに「何でもアリ」 現在も何も変わっていないのではないか. アラモ. 28 60年代, 久松静児 【ネタバレ注意】映画「早乙女家の娘たち」感想/評価/あらすじ|自己犠牲は決して美しくないと. 鬼才スタンリー・キューブリックのティストピアもの。 イギリス・エンパイア誌が選んだ『史上最高の映画』76位にランクイン。 参考>>【おすすめ映画】『史上最高の映画100本』絶対面白い!古今東西の名作映画たち(イギリスエンパイア誌選出). アパートの鍵貸します.

。 常識を超えた愛の形が描かれます。 現在も第一線で活躍を続けている大女優シャーロット・ランプリングの美貌は必見。 ネタバレ>>『愛の嵐』/この愛は異常か、正常か. 。 彼はユダヤ人の強制収容所の囚人の少女へ虐待をしていた。被害者と加害者はホテルのポーターと客として偶然再会することに. 先日『アメリカン・グラフィティ』を観て、甘酸っぱい青春時代に戻れたらなぁと枕を濡らしていたるーにーです。9月からのアメリカ旅行を満喫するために、最近はアメリカを舞台にした映画を見て、当時のカルチャーやファッションなどを勉強しています。このブログを見てくれている人に、少しでもアメリカの魅力を伝えられるように、映画のレビューなんかをしていこうと思います。 今回は24歳日本男児が『アメリカン・グラフィティ』見て感じた「60年代のアメリカ文化と青春時代」について語っていきます。 まず最初にアメリカン・グラフィティがどんな映画なのかを知ってもらうために参考になるYouTubeをご覧ください。 ※一応、ここからはネタバレも含みますのでご注意を。 ご覧いただいたようにこの映画にはたくさんの登場人物が出てきて、それぞれの一夜を描いています。 主な登場人物はカート、スティーヴ、テリー、ジョンの4人。 簡単に4人に起こった出来事をまとめます。. フェデリコ・フェリーニ監督は、バレンシアガのアイコニックな1957年のドレスがきっかけとなりこの映画を製作したと述べていた。 実際にそのドレスが劇中で着用されたわけではないが、1960年のアカデミー賞では最優秀衣装デザイン賞に輝く。�. 映画に詳しい皆さん、ぜひあなたのおすすめ60年代~70年代映画を教えてください。 ユーザーID:これポチに投票しよう!. 60年代の黒人の扱いを描いた作品としては、『ヘルプ 映画 60 年代 心がつなぐストーリー 映画 60 年代 』『グリーンブック』『ヘアスプレー』『ドリームガールズ』などと多くあるが、60年代というのは、人々の意識の中で差別はいけないという想いが芽生えながらも、古くから. ハンギング・ロックという山にピクニックに出かけ、少女たちが行方不明になる。いったい何が彼女らに起こったのか? とても難解で、真相が明かされないまま、物語は終わります。 意味がわからない部分も多いですが、その謎めいた雰囲気には惹きつけられる不思議な魅力があります。.

チェーンソー持った殺人鬼「レザーフェイス」が突然若者たちに襲い掛かる! レザーフェイスは殺人一家、家族全員が怖いんです!決して単独の殺人鬼ではないところも、本作の魅力だと思います。特におじいちゃんにびっくり。. 50年代~60年代の映画主題曲から10個を選びました。 こういうのは、もう「思い入れ」ですから、かなり個人的にならざるを得ません。 それぞれ、もっと違った個人的思い入れの曲をもってあることと思います。. 監督 川島雄三 主演 フランキー堺 石原裕次郎 小林明 左幸子 南田洋子 日本公開 日活 1957年 川島雄三監督の日活映画「幕末太陽傳」は当時人気が出ていたフランキー堺を主役佐平治に抜擢、幕末ドタバタの太陽族のような幕末の志士に石原裕次郎、小林旭、二谷英明たちが出演しました。 この喜劇は当時の遊郭が舞台で、遊女役には左幸子や南田洋子が出演していました。落語の「居残り佐平治」などに題材をとったものでした。 幕末の文久2年、品川遊郭、お大尽きどりの佐平治(フランキー堺)は仲間たちを引き連れて遊郭でドンちゃん騒ぎ、会計に残ったのは佐平治だけ、一銭も持たないでそのまま居残り、支払いも先延ばし、やがて露見したあげくに、佐平治は遊郭でただ働きをして借りを返すことになります。 持って生まれた才能をフルに発揮し、楼内でのトラブル怪傑に大活躍、おそめ(左幸子)やこはる(南田洋子)の女郎たちにもすっかり人気者になったのでした。一方尊皇攘夷をかかげた長州の高杉晋作たちは品川沖まで佐平治たちと漕ぎ出して、密航の秘密を守るためと、佐平治は斬られそうになりますが、ここでも上手い啖呵を切り危機を逃れました。 フランキー堺は元々はJAZZ演奏のドラマーでした。慶応ボーイ時代から進駐軍に出入りした佐平治のような才人でした。この映画の後、「駅前シリーズ」や「社長シリーズ」などのコメディーでも一世を風靡しました。 2月には岸内閣で日米安保体制を目指し、経済は復興し戦後からの成長が始まっていました。当時「太陽族」への風当たりもあって、映画会社と監督たちの間では軋轢が絶えなかったとのことでした。.